イギリスで王室御用達を受けた紅茶のブランドは3つありますが、今回はフォートナム・アンド・メイソンをご紹介します。

フォートナム・アンド・メイソン(Fortnum & Mason)とは

1707年に創業したフォートナム・アンド・メイソンは、紅茶ブランドとして1955年に女王と皇太子から王室御用達の称号を授かりました。

オデニールカラーと呼ばれる淡い水色をシンボルカラーにしている高級紅茶ブランドです。 パッケージデザインは18世紀のジョージ王朝時代の建築や装飾がモチーフになっています。

バッキンガム宮殿にほど近く、人通り絶えないピカデリーのシンボルとなっている荘厳な建物がフォートナム・アンド・メイソンの本店です。

パッケージも、お土産としても、イギリス王室御用達の紅茶であれば、満足してもらえること間違いなしですよ。

フォートナム・アンド・メイソンのギフト、缶入りにする?それともティーバッグ?

紅茶といえば茶葉が入った缶タイプのパッケージが定番ですが、シーンによってはティーバッグの詰め合わせもオススメです。

ギフトとして贈るとき、相手によっては紅茶セットを持っていないことやキッチン設備の無いオフィスで利用することもありますので、相手の状況に合わせて送ってみてはいかがでしょうか?

ちなみにこだわりの強い方は「ティーバッグに入った紅茶なんて安物」と思い込んでいる場合がありますので、缶パッケージをチョイスしましょう。

アールグレイ クラシック ティーバッグ 25個入り(個包装)

アールグレイ クラシック リーフ 缶入り

あとがき

その昔、紅茶は「万病に効く東洋の秘薬」として売られていたようです。

疲れたときや仕事のストレスが溜まったときに砂糖を入れた紅茶を飲むと元気が出るし、ストレスが緩和できるなら「万病に効く」というのはホントかも知れませんね。